2014年12月

医療現場に浸透してきたピル

医療現場に浸透してきたピル

(公開: 2014年12月29日 (月))

ピルは避妊薬として安全で確実な効果があるばかりではなく、様々な病気や障害の治療薬として医療現場に浸透しています。現在はホルモン量が少なく、副作用の心配の低い低用量ピルが主流となっています。

 

避妊以外での使用目的で多いのは「月経困難症」「PMS]「子宮内膜症」「卵巣機能不全」などの治療です。ピルを飲むことに抵抗を感じる方もいますし、低用量ピルであっても1~2週間は吐き気や頭痛の症状がでることもあります。しかし2~3ヶ月もすると症状も収まり、ホルモンが安定する場合がほとんどです。ピルが女性の体に悪影響を及ぼすことはなく、年齢に合わせてピルなどの女性ホルモンを使いこなすことが元気で過ごす方法として有効です。

低用量ピル通販ガイドはこちら